三豊工業株式会社は、よりクリーンな地球を永遠に守っていく為に、努力と研究を積み重ねています。

Corporate Profile

会社概要

代表挨拶

リサイクル技術の
グローバルスタンダードを目指して

代表取締役 会長
高倉可明

私が豊富産業を創業したのは今から約50年前、1968年です。会社を興した原点には戦後の資源枯渇がありました。ものを大切にしたいという思いと、工業高校を卒業後、電力会社を経て富山市役所で橋梁の設計に約10年携わる中で身につけた技術と経験が合わさり、それまでに全くなかった新たな技術によるリサイクル産業開拓への挑戦となりました。

現在、世界の多くの国で愛用されている「マルチ解体機」は弊社が持つ約70の特許のうちの代表的なものの一つであり、特許の第一号でもあります。

その後、自動車解体から鉄スクラップ、大型バス、電車の解体と事業を拡げ、現在は4つの会社が豊富産業グループを形成し、それぞれが独自の先端技術と最新設備で事業を展開しています。

今後は海外進出や航空機の解体にも本格的に着手しますが、世界はこれからますます資源の再生と有効利用を必要とする時代に入ります。私たちはこれまで培ったリサイクルの技術と知恵を一層磨き社会に役立てていくとともに、私たちの技術がグローバルスタンダードとなることを目指して今後とも努力を続けていく所存です。

社員とともに喜び、社員の心身の健康と豊かな生活を目指し、社員と共に歩む企業、それが豊富産業グループです。

企業コンセプト

大型設備・機械で大量に、効率的に再資源化

甦生する資源 ~限られた資源を有効に~
自然は祖先からあずかった大切な財産です。
美しい清らかな地球を後世に残し返すことが、私たち人類に与えられた大切な義務です。

地球上に住む人間を含むすべての生きものたちが、永遠に安心して住み、楽しめる真の楽園をつくっていかなくてはなりません。

そのためにも、例えば製品などを作るとき、最終処分のことも考え、さらにリサイクルが可能なものや、地球に優しいものを考案し、限られた資源を有効に、無駄なく、使っていくべきものだと考えています。

いうもでもなく、世界は一つ、人類は全て一つの家族であり、ともに平等でハイレベルな生活を営む権利を持っています。
よりクリーンな地球を永遠に守っていく為に、三豊工業は努力と研究を積み重ねていくつもりです。

会社概要

会社名

三豊工業株式会社

設立

平成17年12月

資本金

1,000万円

代表取締役

五十嵐 優

本社所在地

〒930ー0827 富山県富山市上飯野13番6

電話番号

076ー275ー4141

事業内容

農機具、建設機械等の解体処理、鉄屑加工処理、非鉄金属加工処理、建物及び構造物の解体処理、
産業廃棄物の収集運搬・中間処理(破砕選別)、
前各号に付随する一切の業務・スクラップ部門 ・建造物解体部門 ・輸送部門

社員数

86名